人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと○○にして!

年齢 バスト
女の子プロフィール
安藤の妻
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
女の子プロフィールデータ
安藤の妻28歳O型
T.159B.91(G)W.58H.89

気持ち良くなっていただけることが、何よりも喜び快感につながります。日頃のストレスや疲れから、ひとときでも開放されるように、私に尽くさせてください。
たくさんリクエストして頂けると、興奮して盛り上がってしまいます。

今週の出勤予定
12月18日(火) 12月19日(水) 12月20日(木) 12月21日(金) 12月22日(土) 12月23日(日) 12月24日(月)
- - 21:00 ~ 翌6:00
予約する
21:00 ~ 翌6:00
予約する
- - -
Q&Aコーナー
  • Q.趣味は何ですか?
  • A.おさんぽ
  • Q.どんな性格ですか?
  • A.おだやか 平和主義 優柔不断
  • Q.チャームポイントは?
  • A.ほくろ
  • Q.似ている芸能人は?
  • A.たくさん言われますが、悪いです。
  • Q.タバコは吸いますか?
  • A.吸いません。
  • Q.お酒は飲みますか?
  • A.たしなむ程度です。
  • Q.好きな男性のタイプは?
  • A.優しげな方
  • Q.年齢の許容範囲は?
  • A.年齢は、関係ありません。
  • Q.どこに魅力を感じますか?
  • A.男らしい背中
  • Q.好きな下着の色は?
  • A.白 Tバック好きです。
  • Q.性感帯は?
  • A.乳首
  • Q.得意プレイは?
  • A.無意識に凄く奥まで激しく咥えてしまうフェラです。
  • Q.オナニーはどのくらいの頻度でしますか?
  • A.一人で気持ちよくなるのは苦手です。一緒が良いです。
  • Q.好きなオモチャは?
  • A.電マ
  • Q.好きな体位は?
  • A.バック
  • Q.好きなエッチは?
  • A.男性が気持ち良さそうな顔を見ると興奮してしまいます。
  • Q.今までで印象的なエッチはありますか?
  • A.目かくし
  • Q.今後挑戦してみたいエッチは?
  • A.一晩中・・
  • Q.セックスレスの限界は?
  • A.2~3日
  • Q.セフレはいますか?
  • A.おりません。
  • Q.入店のきっかけは何ですか?
  • A.たくさん愛して欲しくてです。
  • Q.S度、M度はどのくらいですか?
  • A.【S度=5% M度=120%】
  • Q.濡れやすい方ですか?
  • A.はい。
  • Q.どうされると濡れやすいですか?
  • A.乳首をいじられると濡れ易いです。
  • Q.イったことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされるとイキやすいですか?
  • A.奥のほうをしっかり刺激されるとイキます。
  • Q.潮を吹いたことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされると潮を吹きやすいですか?
  • A.指やオモチャでゆっくりはじめて激しくされると噴いてしまいます。
  • Q.理想のデートは?
  • A.おさんぽしながらイチャイチャしたいです。
  • Q.結婚して良かったですか?
  • A.どうなのでしょう!?
  • Q.子供はいますか?
  • A.おりません。
  • Q.夫への不満はありますか?
  • A.もちろんあります。
  • Q.夫とのエッチは満足してますか?
  • A.満足出来ておりません。
  • Q.浮気をしたことはありますか?
  • A.もう我慢はしません。自分に素直になります。
  • Q.浮気されたことはありますか?
  • A.分かりません。
  • Q.浮気がバレたことはありますか?
  • A.ありません。
  • Q.夫の浮気は許せますか?
  • A.許せます。
  • Q.自分は良い妻だと思いますか?
  • A.どうなのでしょう!?
  • Q.自分は良い母だと思いますか?
  • A.--
  • Q.将来の夢は何ですか?
  • A.いつまでも綺麗でいたいです。
可能オプション
玩具7点
ローター
スティックローター
アイマスク
手枷
ペンライト
バイブ
電マ
羞恥5点
オナニー鑑賞
放尿
ノーブラ出張
ノーパン出張
パンスト破り
刺激5点
即尺
即クンニ
聖水口内大放出
顔射
ごっくん
最強7点
AF
×
イラマチオ
写メ撮影
動画撮影
遠隔ローター散歩
聖水お持ち帰り
黄金
×
M妻コメント
出逢った瞬間に、色気に圧倒されてしまいました。

お恥ずかしながら、中学生のスポーツ少年の様に、もうビンビン!!

露出少な目のグレーのワンピースですが、あきらかな胸の膨らみに最高のボディラインがクッキリ...話かけてみると、なんとも物腰柔らかく丁寧な言葉遣い。
しかし頭の中は、もうエロイ妄想で埋め尽くされており、話の内容なんて全く入って来ておりません。
「凄い凹凸だねぇ。。」なんて、冗談紛れにソッと手を伸ばしてみると、逃げる様子はなく、心持ち自慢の胸をこちらに差し出した様にさえ思えた。
「はっ、恥ずかしいです。」
間違いなく、嬉しいですの代用語と確信できた。

言葉・仕草・動きから、100%性欲旺盛でドエロイ・・
そこで思い切って、聞いてみる。
「もしかして、ちょっと濡れてる?」

一瞬、戸惑った顔を見せたが、

「いやっ、そんな・・えっ、あっ、は、はい。」
引き寄せられるように、唇が重なる。
髪の毛の良い香りと吐息が気持ちを揺さぶる。
つい夢中になり、荒々しく胸を鷲掴みにしていた。
我に返り、ゆっくりとワンピースを脱がす。
穏やかに戻った感情が、また一気に渦を巻いていくのがわかる。
そして目にしたのは、白色のショーツだった。
それはシースルーの淫らなデザインで、完全に素肌が透けて見えてしまうものだった。
その上には、同じようなタイプのブラが隠されていた。
猥褻な下着を披露され、ワンピースが首を抜けるまでの時間が永遠のように永く感じた。
抜群のプロポーションの裸体、それを隠す白色のシースルーの下着!!
ブラの下からはボリューム感溢れる乳房、乳輪、そして乳首が伺える。
更にショーツの下には、薄く奇抜な縦一本線のヘアも確認できる。

体の奥で、何かとてつもないものが渦巻き、冷静さを一気に奪い去っていく。
ベッドへ押し倒し、上半身を被せて固定すると片手で乳房を搾り出す。
ロケットのように突きだした先端の乳首に口を近づけ吸引...
「……っ、」
痛いのかと思ったのが分かったのか、「私、乳首つねられるのも嫌いじゃないですよ。」と、艶やか瞳を向ける。
「うっ……ぬうううううっ」眉を寄せて耐えている美人奥様に、容赦なくもう片方の乳首をつねり甘噛んだ。
「むっ……あああ……あああああぁぁぁぁ。」
これだけでも相当な喘ぎ声の大きさだ。

「しゃぶりたいか・・?」
「……はい」

ブリーフを摺り下げて肉棒を露出させた。

「私、すごく奥まで咥えてしまっても宜しいですか・・・嫌じゃないですか?」

意表をつかれた言葉だったが、嫌な訳がないので、「お、おんっ。」と返した。
「……失礼します」
いきなり根元まで咥えこむどころか、喉を突き破ったのではないかと驚いた。
「ん、んぐ……」
自ら、どんどんと奥まで美味しそうに咥え顔を歪めているのだ。
「むぐっ、んっ、んぶっ、うぶっ、むぐっ....んぶぅ……」
これは、気持ち良過ぎて我慢するのが大変なくらい...
「はあっ、はああっ……はあ……」
ヤバイと思っていた頃、やっと抜いてくれ、怒張の尿道口に舌を伸ばし、チロチロと舐め上げて先走り液を掬い取った。
それでもまだ、先端からはトロトロと我慢汁が湧き出ていたが、間もなく、またすぐに奥まで咥え込む。
上目遣いで涙で濡れる瞳を必至に向け、肉棒を咥えたまま哀願する。
「ゆ、ゆゆひてふだしゃい……おねあいしまふ……」
願い通り下着に手を伸ばすと、下着がじわぁああっ……と湿っている。
「……っ、」
真っ白な肉の塊がふたつキュッと包まれている白いブラジャーと純白の透けた下着を一気に剥ぎ取り、ゆっくりと指を差し込む。
「ああああああああっ! あっ……!ありはほうほはいまふ……」
舌でクリトリスを責め、指はオマンコの中をかき混ぜ、あっけなくイった。
「!!!!」
数分動けなかったようだが、パッと起き、全身をくまなく舐め上げるご奉仕ぶり・・
手持ち無沙汰と悪戯心に電マの電源を入れ、クリトリスに当ててみる。
「や……っ!ああああああぁぁぁ。」
指を中に出し入れしながら電マをクリトリスにあて、指を激しく、そして一番感じる所を何度も刺激した瞬間!
とんでもない叫びにも似た喘ぎ声が部屋中に響き渡った。
「い……くぅっ……ぅううううっ……や、ダメッ、だめっ、ダ、ぎゃぁぁぁぁぁ。。。。。!」
激しく暴れ乱れた後、全身から一気に力が抜けたようだ。
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ! ヴヴヴヴヴヴヴヴ!
床にごとんっ……と電マが落ちた。
ベッドを始め、床はビシャビシャ・・。
なおも、愛液よりもサラサラした……おしっこみたいなので、ベッドの色がどんどん湿った色に変ってゆく。

ブシュシュシュシュッシュシュシュッ・・・・・・豪快な音とともに潮を噴き散らした。
茫然自失...クリがビクビク痙攣していて、止まらない。

「はず……かし……ぼー……っとする。……、やだ、」

その後も夢のような時間が続き、美人奥様はブラと下着を付けたのだが、ドクドクドク、と奥様の下着に溢れ出る精液を再び確認してしまったので、下着を横からまくり上げて、電マをクリや膣の入口に直接当てると、手で脚をM字に大きく開き、腰を動かしてグリグリ押し付けてしまっていたのだった。
当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。
近い将来、ご予約困難間違い無し・・・