人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと○○にして!

年齢 バスト
女の子プロフィール
葉月の妻
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
女の子プロフィールデータ
葉月の妻33歳O型
T.159B.83(C)W.55H.85

エッチな私を、たくさん優しくいぢめて下さい。

今週の出勤予定
11月15日(金) 11月16日(土) 11月17日(日) 11月18日(月) 11月19日(火) 11月20日(水) 11月21日(木)
- 21:30 ~ 翌7:00
予約する
- 21:30 ~ 翌7:00
予約する
21:30 ~ 翌7:00
予約する
21:30 ~ 翌7:00
予約する
21:30 ~ 翌7:00
予約する
Q&Aコーナー
  • Q.趣味は何ですか?
  • A.アロマ・エステ・映画・音楽・ジム通い・ヨガ
  • Q.どんな性格ですか?
  • A.おっとり のんびり
  • Q.チャームポイントは?
  • A.目・声
  • Q.似ている芸能人は?
  • A.
  • Q.タバコは吸いますか?
  • A.吸いません。
  • Q.お酒は飲みますか?
  • A.のむ
  • Q.好きな男性のタイプは?
  • A.男性の気づかいにキュンとします。
  • Q.年齢の許容範囲は?
  • A.何歳でも
  • Q.どこに魅力を感じますか?
  • A.包容力
  • Q.好きな下着の色は?
  • A.赤・黒・ピンク
  • Q.性感帯は?
  • A.背中
  • Q.得意プレイは?
  • A.全身リップ・フェラ
  • Q.オナニーはどのくらいの頻度でしますか?
  • A.2日に1回
  • Q.好きなオモチャは?
  • A.電マ
  • Q.好きな体位は?
  • A.正常位
  • Q.好きなエッチは?
  • A.イチャイチャ恋人のように
  • Q.今までで印象的なエッチはありますか?
  • A.きんばく
  • Q.今後挑戦してみたいエッチは?
  • A.未知
  • Q.セックスレスの限界は?
  • A.3,4日
  • Q.セフレはいますか?
  • A.います。
  • Q.入店のきっかけは何ですか?
  • A.ホームページをみてドキドキしました。
  • Q.S度、M度はどのくらいですか?
  • A.【S度=20% M度=100%】
  • Q.濡れやすい方ですか?
  • A.はい。
  • Q.どうされると濡れやすいですか?
  • A.いやらしくフェザータッチ(全身を)されるとヌレヌレになっちゃいます。
  • Q.イったことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされるとイキやすいですか?
  • A.やさしく長い間クンニされると止まりません。
  • Q.潮を吹いたことはありますか?
  • A.ある。
  • Q.どうされると潮を吹きやすいですか?
  • A.初めてのことをされるとふきやすいです。
  • Q.理想のデートは?
  • A.イチャイチャ
  • Q.結婚して良かったですか?
  • A.
  • Q.子供はいますか?
  • A.なし
  • Q.夫への不満はありますか?
  • A.あり。
  • Q.夫とのエッチは満足してますか?
  • A.
  • Q.浮気をしたことはありますか?
  • A.あり
  • Q.浮気されたことはありますか?
  • A.不明
  • Q.浮気がバレたことはありますか?
  • A.知ってる。
  • Q.夫の浮気は許せますか?
  • A.嫌です。
  • Q.自分は良い妻だと思いますか?
  • A.悪い妻
  • Q.自分は良い母だと思いますか?
  • A.
  • Q.将来の夢は何ですか?
  • A.自由
可能オプション
玩具7点
ローター
スティックローター
アイマスク
手枷
ペンライト
バイブ
電マ
羞恥5点
オナニー鑑賞
放尿
ノーブラ出張
ノーパン出張
パンスト破り
刺激5点
即尺
×
即クンニ
聖水口内大放出
顔射
×
ごっくん
×
最強7点
AF
×
イラマチオ
写メ撮影
動画撮影
遠隔ローター散歩
聖水お持ち帰り
黄金
×
M妻コメント
全身黒ずくめで、超ミニのワンピースと網タイツで凛とした姿勢で立っている。

見るからに足は長く、抜群のスタイルだ。

一度、背後に回って尻を視姦し続けてみる。
今にも見えそうで見えないが、最高の景色だ。
恐らく年歳は三十代中半だろうが、若く見えた。
あっという間に、ゾクッと欲情を覚えてしまった。
悪ふざけが急加速してしまう。
「お待たせ致しました...」
ニッコリ丁寧にお辞儀をする奥様の胸元をすかさず凝視する。
色白でかなりの美肌である。
「うちは面接の前に山手線を一緒に一周するので、参りましょうか!?」
「・・・? あっ、はい。よろしくおねがいします。」
一瞬、???の顔になったが、すぐに断る事も、理由を訊ねる事も出来ないドМ性である事が分かった。
電車に乗り込み、奥様を座らせる。
空いているにも関わらず、奥様の対面に座ってみる。
もう顔を真っ赤に染め、焦っているのが分かる。
心の声(やっぱり、さっきから私の足を見てる・・・・)が丸聞こえになっているようで、非常に面白い。
私も、隣に座っている男性も奥様の足元を見ているのだ。
電車に揺られる奥様は、正面の変態男達の目の動きを気にしながらミニスカートの上に手を置く。
隣に座るスーツ姿の男は、明らかに足をジロジロと見続けている。
これ以上の悪戯をすると帰られてしまいそうと思ったので、途中下車をし、乗り換える。
駅を出ると、わざわざこの悪ふざけの為に止めた駐車場で料金を支払う。
1800円と高かったが、股間が ”安いもんだ” と立ち上がっている。
ドアを開け、助手席に座らせる。
そのミニスカと網タイツの隙間からラベンダーエロパンをチラ見させながら、ゆっくりと座る。
どこかホッとした表情で、口を開く。
「電車は、何かのテストだったのですか?」
不機嫌な様子もなかったので、気軽に答える。
「違う、違う、、見たかっただけ!」
「え~、何をですか?」
目を見つめると、軽く肩に力が入り身を縮めるのが分かった。
「うん?パンツだよ!!」
・・えっ?
・・あっ
・・・はいっ。
「ビックリした?・・気にしないで!ちょっとドキドキしちゃったんじゃないの?」
「えっ、あ...はいっ。」
「素直だねぇ。ラベンダーのセクシーなパンティ穿いてるのに・・」

......ホッとしたのも束の間、また一気に顔を赤く染める。

その足元にばっかり目がいってしまい見ていると、股下が長いせいもあってかその細くて長い足がすごくエロ過ぎて、思わず左手で撫でると、

「やっぱり、女心が解ってるんですね!」

と言って肩に頭を寄せかけて来た。
シャンプーの良い匂いが更に欲情を掻き立て、さすがに我慢が出来る状態ではなく、思わずスカートの中に手を入れ、割れ目からマ○コとクリを網タイツの上から撫でると、なんともうグッショリ…撫でる度に耳元で「アッッ、アンッ、アンッッ」と喘いでいるので、パンツの中に手を入れようとする。
「ここ、人が凄いから…どこか違うとこの駐車場行って、、しっ、し、し、、してっ。」
鉄よりも固く聳えて切ってしまっているチ○コのまま車を飛ばし、河川敷に車を走らせる。
その場所に着くと、無我夢中で手を引っ張り、草むらの奥に連れ込む。
お互い抱き合い激しく舌を絡めてキスをしながら、豹変した奥様はベルトを外し、パンツの中のチ○コを手でシゴキ始めた。
ワンピース胸の辺りから手を入れ、背中のホックを外す。
エロパンとセットのラベンダーのエロブラが勢いよく外れ、プリンとした張りがあって真っ白な肌の小さな乳輪と乳首のほぼベージュのオッパイが現れた。
あまりにも美味しそうだったので、舌で舐めながら顔を埋める。
奥様は敏感に反応しながら頭を両手で包み、喘ぎまくる。
そしてそのまま唇を下に持っていき、スカートをまくりあげ、その状態を維持させ、網タイツをマ○コとアナル近辺だけを手で破り、エロパンをずらす。
綺麗に整ったエロス全開の陰毛に興奮度は増すばかり。
指と舌のクリ攻めで激しくピストンさせ、だんだん大きくなって来るのが良く分かる。
Gスポを更に穴の中で擦りまくると…
「ああああっ!イクっ・・・・あああ・・・」
言ったので、
おもいっきりイキな・・・!
「あっああん!い・・・ああ・っ・・・・だめっ・・・」
「あっああああ!イクっ・・・イキますっ!ああああイクっううう・・・・・!あああああ!」

指を抜くと地面に勢いよく潮を吹き出してしまった。
「ああ、はっ、はっ、はぁっ、はぁ、はっ。」
腰がガクガクなり、両手を肩に乗せてかろうじて立っている。
ビチャマンを優しく拭いてやるが、その時もまだ感じ、ビクビクッとしている。
一瞬の事だったが、とてつもなくエロイ顔と声で喘いでいた。
すると今度は奥様がズボンとパンツを下ろし、ビンビンに立ったチ○コを両手でひねりを加えながら喉奥まで激しくかかんだ状態でディープフェラをしだした。
これがまた絶妙にテクニシャンでドエロエロイ・・フェラでイキにくいはずだったが、10分もされると我慢出来なくなり、頭を両手で抑え付け、自ら腰を振りまくって喉奥にねっとりと濃いやつを出してしまった。
奥様は何も言わずチ○コがピクピクいわなくなるまで、ずっとフェラをしている。
完全に脱力し、満足感が凄い。
それでもたった今射精したばかりだというのに、まだ見ぬ奥様への欲情が抑えられない。
ホテルへと移動し、何度も何度も変態エッチを楽しみ、しまいには縛りあげてしまっていた。
この奥様、感度抜群でどうにかなってしまうのではないかというくらい終始、イキっ放し...日が暮れた頃には舌先でペロッと一舐めするだけで、またイッてしまい、潮を吹き出す始末!!
イキ過ぎ警報発令!!
未知を体験したいと入店して来たこのドエロ奥様、セフレもいるのに、3,4日もセックスレスが我慢出来ない本物です。
当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。