人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと○○にして!

年齢 バスト
女の子プロフィール
沖の妻
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
女の子プロフィールデータ
沖の妻33歳AB型
T.156B.88(E)W.55H.83

はじめまして!皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
喜んでいただける様に、ご奉仕させていただきます。

今週の出勤予定
12月18日(火) 12月19日(水) 12月20日(木) 12月21日(金) 12月22日(土) 12月23日(日) 12月24日(月)
21:00 ~ 翌8:00
予約する
21:00 ~ 翌8:00
予約する
- - - - -
Q&Aコーナー
  • Q.趣味は何ですか?
  • A.ショッピング
  • Q.どんな性格ですか?
  • A.さばさば系です。
  • Q.チャームポイントは?
  • A.目 かな
  • Q.似ている芸能人は?
  • A.永作 ひろみさん って 言われました。
  • Q.タバコは吸いますか?
  • A.吸います。
  • Q.お酒は飲みますか?
  • A.てきどに 飲みます。
  • Q.好きな男性のタイプは?
  • A.優しい人
  • Q.年齢の許容範囲は?
  • A.年齢は関係ないです。
  • Q.どこに魅力を感じますか?
  • A.背中
  • Q.好きな下着の色は?
  • A.
  • Q.性感帯は?
  • A.太もも
  • Q.得意プレイは?
  • A.フェラ
  • Q.オナニーはどのくらいの頻度でしますか?
  • A.特に しません。
  • Q.好きなオモチャは?
  • A.ローター
  • Q.好きな体位は?
  • A.正常位
  • Q.好きなエッチは?
  • A.ALL
  • Q.今までで印象的なエッチはありますか?
  • A.スワッピング
  • Q.今後挑戦してみたいエッチは?
  • A.なんでも!
  • Q.セックスレスの限界は?
  • A.2週間位
  • Q.セフレはいますか?
  • A.ナイショ
  • Q.入店のきっかけは何ですか?
  • A.色々な方とエッチな事をたくさんしたいからです。
  • Q.S度、M度はどのくらいですか?
  • A.【S度=20% M度=100%】
  • Q.濡れやすい方ですか?
  • A.濡れ易いと思います。
  • Q.どうされると濡れやすいですか?
  • A.優しく さわられると
  • Q.イったことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされるとイキやすいですか?
  • A.クンニ されながら 指入れ
  • Q.潮を吹いたことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされると潮を吹きやすいですか?
  • A.何をしているかも気持ち良過ぎて 私にはわかりません。
  • Q.理想のデートは?
  • A.お家で まったり
  • Q.結婚して良かったですか?
  • A.たぶん
  • Q.子供はいますか?
  • A.二人
  • Q.夫への不満はありますか?
  • A.特になし
  • Q.夫とのエッチは満足してますか?
  • A.まぁまぁ
  • Q.浮気をしたことはありますか?
  • A.ないです。
  • Q.浮気されたことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.浮気がバレたことはありますか?
  • A.ないです。
  • Q.夫の浮気は許せますか?
  • A.たぶん ダメ
  • Q.自分は良い妻だと思いますか?
  • A.どりょく してます。
  • Q.自分は良い母だと思いますか?
  • A.子供たちと仲良しだから、良いと思う。
  • Q.将来の夢は何ですか?
  • A.海の近くに住んで のんびり
可能オプション
玩具7点
ローター
スティックローター
アイマスク
手枷
ペンライト
バイブ
電マ
羞恥5点
オナニー鑑賞
放尿
ノーブラ出張
ノーパン出張
パンスト破り
刺激5点
即尺
即クンニ
聖水口内大放出
顔射
×
ごっくん
最強7点
AF
×
イラマチオ
×
写メ撮影
動画撮影
遠隔ローター散歩
聖水お持ち帰り
黄金
×
M妻コメント
2人のお子さんのママでありながら、抜群のスタイルと美貌を保つ妖艶美人妻...細目に美容室に通っているのであろう綺麗に整ったヘアー、清潔感溢れる純白のブラウスにゴージャスな花柄のミニスカートがさらに魅力を惹き立てている。
結婚、出産を経ても、産前と何も変わらない美しいボディライン・・・ 
更には、母親としてのしなやかさや柔らかさが加わり、より魅力がパワーアップしているのでは無いでしょうか?
イキイキと美しい輝きを放っている秘訣を聞いてみる。
「やっぱり、いつまでも”女”でいる事だと思っています。」
はっきりと答えた。
「”女”でいるっていうのは?」
「意地悪しないでくださいよ~~たくさん H したいって、事・・です。」
「旦那さんと?」
「悪い妻かもしれませんが、主人だけでなく、たくさんの方ともしたいんです。たくさんの発見や刺激を貰って、日々のストレスなんて、簡単に吹き飛んじゃうんです。(笑)」

「セフレとかいるの?」

「ナイショです。(微笑)」
間違いなく、肯定的な笑顔だ。
「オナニーは?」
「私、オナニーはしないんです.....本当ですよ~(笑)。お相手してくださる方がいないと嫌なんです。」
「あなたなら、いくらでも相手する男はいるでしょう!!」
「う~~ん。とても有難い事に、誘ってくださる方はいますけど、家庭を壊したくはないですし、臆病になってしまう事が多くて...実は、主人のお友達にも誘われそうになった事もありましたけど、もちろん主人には言ってませんし、お断りしましたけど、ちょっぴりドキドキというか、ワクワクしてしまったのは確かでした。」
「そうなんだねぇ~~だから、安心して性欲を発散させる為に来たの?」
「はいっ。いつでも勝負下着は、付けてるんですけどね。(明)」
さっきから気になって仕方なかったのだが、純白の白いブラウス、その下の黒いブラジャーは当然透けて見える。
横に走った線の幅は1cmくらいで細い。
胸の膨らみや見事な曲線、プリプリしたお尻がますます欲望を掻き立てる。
「ブラジャー、黒いのが透けてるもんねぇ。」
「あ~~~~~、はい。」
「凄いスタイルしてるんでしょう?」
「でも、そうでもないですよ。」
「何カップ?」
「Eカップです。」
「その体で、Eカップじゃ、鬼に金棒じゃん。」
「ありがとうございます。」
お辞儀をし、顔を上げた奥様から発射されるH光線をしっかりとキャッチした。
「こんなに美人な奥さんにそんな目で見られたら、獣になっちゃうよぉ。」
「わたし美人じゃないですから。でもちょっと嬉しいかな(笑)。私、ベッドでは結構いい仕事すると思うんだけどなぁ(爆)。」
「じゃあ、試させてよ(笑)。」
「はい。是非、是非、お願いします(爆)。」
と言うと、自ら近付き、ディープキス。
目をとろんとさせうっとりしている。
唇を離すと、慣れた手付きでズボンを降ろし、シャワーもなしに股間にむしゃぶりついてきた。
「舐めるのわたし、上手いんですよ~」
それは、確かに上手かった。
舌を粘膜に絡めたり、くちびるをすぼめたりして、硬くなったペニスをありとあらゆる方法で刺激してくれる。
眉間にシワよせ、激しくジュポジュポ...ジュパジュパジュパ…ジュパジュパジュパ…
『ふふふ....。奥さん、相当、チンポ好きなんだねぇ....。』
『....うぅぅ....はぁっ、あぁぁっ....』
危うくイキそうになったところで、交代。
芸術品の様な、上下黒ずくめの下着姿を目の前に声が期待と興奮で震えてしまう。
「き、き、きれいだ。すば、素晴らしい。」
黒のTバックが股間に食い込んでおり、まるで花園から蝶が舞っているような錯覚に陥る。
Tバックに走るマンスジを、尖った舌の先でなぞると、全身に電気が走ったかのようにビクンと震えた。
『あぁっ!はぁぁっ....!』
Tバックを膝までズリ降ろして、わざと大きく脚を開かせ、股間に顔を埋める。
なんとそこは、パイパンでツルンツルンとしてて、可愛いワレメが良く見え、ものすごく感動した。
良い女の香りが漂い、ぴったりしたTバックで二枚のビラビラはよじれ、ぴたりとひとつに閉じられていた。
それを舌で丁寧にこじ開ける。
「きゃっ…やっ…ああ…」
吐息交じりの声を発した。
湿った裂け目を、下から上にぺろんとひと舐めすると、既に勃起しているクリトリスを尖った舌先でじっくりと転がした。
1分ほどするといきなり、「来た! あぁ! いっちゃうぅぅ!」と叫び出す。
みるみるコリコリと硬く盛り上がるピンクの粒…
「そこそこそこ! いっちゃうぅう!いっちゃういっちゃういっちゃう!」
叫びながら、体を反転させ強く抱きつき絶頂に達した。
「ごめんなさい。私、感じやすいんです。」
恥ずかしそうに、腰をくねくねさせている。
まだ足りないらしい。
休むまもなくクンニリングスを再開した。
無味無臭で、舐めやすかった。
「あ、あ、あ、またいっちゃうぅ!」
「え?もう?また?」
「そこそこそこ! いっちゃうぅう!いやいやいやぁ!」
「マジ?」
「ダメダメ、いっちゃういっちゃういっちゃう!」
「すごいな……」
「ダメダメダメ、もうダメ!いくぅうぅうぅぅぅぅぅぅぅ!」

両足をM字に持ち上げ、唾液と愛液でぬらぬらに光った下腹部にある恥ずかしい裂け目に指を押し込む。

「ああっ……は、入ってくるぅ……」
(ズズズ…ヌチュヌチュヌチュ…)
眼を閉じ、顎を上げ、快感に打ち震えている。
(ズン、ズン、ズン……ズン、ズン、ズン……ズン、ズン、ズン……)
そこは驚くほど、きつく締め付けマン呼吸をしている。
くちゃっ…くちゃ…くちゃっ…くちゃっ…。
「んっ……あぁっ……だめ……あぁぁぁ……」
それはまるで吸い込まれていくように……膣壁によってギュッギュッ、ギュッッッと締めつけられた。
これは貴重な名器である。
「うっ!うううっ!!すごいっ!!あぁっ…イク…イクイク!いやぁん~~~~~~~~~~~~また、ダメぇぇぇぇ!!」
ほぼ絶叫に近い“たけび”が響く。
ずぶちゅるぅっ!ずぶむちゅっ!ずちゅっ!
『ほら。もっと見えるように高く上げて。ほぅ...美人はお尻の穴まで綺麗なんだねぇ...』
『いやっ....。見ないでください...』
『おぉ...中までよく見えるぞ。真っ赤になって、待ってるみたいだな...ふふふ。』
『あああぁぁっ!いやぁぁっ!あはあぁぁっ!』
『おお、おぉ締まる締まる...!まだ、感じてるんだ?どうしようもない、変態女だねぇ!』
『あああぁぁっ!あぁぁっ!ひぃぁぁっ!ゆ、許して...許してくださいぃぃっ!いいぃぃ!あああぁぁっ!いいぃぃっ!い、いくぅぅっ!いくぅぅっ!』
1時間くらいの間に、この奥様は、何度、イッたのであろうか?何度、潮を吹いたのであろうか?
本人曰く、潮は記憶にもなく、多分、17回と答えたのだった。
ご奉仕精神も旺盛で、責めても責められても存分に楽しめるスタイル抜群の淫乱美人妻に死角はございません。
当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。