人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと○○にして!

年齢 バスト
女の子プロフィール
坂本の妻
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
女の子プロフィールデータ
坂本の妻27歳O型
T.159B.95(F)W.62H.91

きんちょうしてます。

わたし、いつでもHしたいと思うくらい好きです。
AFに興味があり挑戦してみたいです。
優しい方に教えていただけたら嬉しいです。
一緒に楽しい時間を過ごしたいです。
よろしくお願いします。

今週の出勤予定
12月18日(火) 12月19日(水) 12月20日(木) 12月21日(金) 12月22日(土) 12月23日(日) 12月24日(月)
- - - - - - -
Q&Aコーナー
  • Q.趣味は何ですか?
  • A.料理
  • Q.どんな性格ですか?
  • A.マイペース
  • Q.チャームポイントは?
  • A.目 笑顔
  • Q.似ている芸能人は?
  • A.色々いわれます
  • Q.タバコは吸いますか?
  • A.吸います
  • Q.お酒は飲みますか?
  • A.大好きです
  • Q.好きな男性のタイプは?
  • A.面白い人
  • Q.年齢の許容範囲は?
  • A.いくつでも 大丈夫です!
  • Q.どこに魅力を感じますか?
  • A.背中
  • Q.好きな下着の色は?
  • A.
  • Q.性感帯は?
  • A.乳首
  • Q.得意プレイは?
  • A.フェラ
  • Q.オナニーはどのくらいの頻度でしますか?
  • A.週1.2かな...
  • Q.好きなオモチャは?
  • A.電マ
  • Q.好きな体位は?
  • A.バック
  • Q.好きなエッチは?
  • A.優しいけど激しいの
  • Q.今までで印象的なエッチはありますか?
  • A.ちかんプレイ
  • Q.今後挑戦してみたいエッチは?
  • A.AF
  • Q.セックスレスの限界は?
  • A.1週間
  • Q.セフレはいますか?
  • A.いません
  • Q.入店のきっかけは何ですか?
  • A.欲求不満とAFでイクと凄く気持ちいいという事を知ったので、不安ですが是非味わってみたいです
  • Q.S度、M度はどのくらいですか?
  • A.【S度=20% M度=120%】
  • Q.濡れやすい方ですか?
  • A.ぬれやすいです
  • Q.どうされると濡れやすいですか?
  • A.乳首せめられると..
  • Q.イったことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされるとイキやすいですか?
  • A.電マでクリトリスせめられながら指を入れてもらえたら
  • Q.潮を吹いたことはありますか?
  • A.あります。
  • Q.どうされると潮を吹きやすいですか?
  • A.指や電マでせめられると
  • Q.理想のデートは?
  • A.おうちでイチャイチャまったりと...
  • Q.結婚して良かったですか?
  • A.良かったです。
  • Q.子供はいますか?
  • A.3人います。
  • Q.夫への不満はありますか?
  • A.Hが少ない
  • Q.夫とのエッチは満足してますか?
  • A.してません。
  • Q.浮気をしたことはありますか?
  • A.あります
  • Q.浮気されたことはありますか?
  • A.あります
  • Q.浮気がバレたことはありますか?
  • A.ないです。
  • Q.夫の浮気は許せますか?
  • A.許せます。
  • Q.自分は良い妻だと思いますか?
  • A.う~~ん..
  • Q.自分は良い母だと思いますか?
  • A.思います。
  • Q.将来の夢は何ですか?
  • A.田舎暮らし
可能オプション
玩具7点
ローター
スティックローター
アイマスク
手枷
ペンライト
バイブ
電マ
羞恥5点
オナニー鑑賞
放尿
ノーブラ出張
ノーパン出張
パンスト破り
刺激5点
即尺
即クンニ
聖水口内大放出
顔射
ごっくん
×
最強7点
AF
イラマチオ
×
写メ撮影
×
動画撮影
×
遠隔ローター散歩
聖水お持ち帰り
黄金
×
M妻コメント
こりゃ、めちゃくちゃにイイ女だ。
(こんな女に、臭いチンポをシャブらせてぇ!!)
子供を3人産んで、ちょっぴり肉付きが良くなったみたいだが、それが逆にイヤラシイ!!
昔は、半端なかっただろうと直感的に思ったが...今でも(昔を知らないが、今の方がかも知れない)半端ないセクシーな美人で、それはそれは否が応でもこの奥様が心から欲しいと願ってしまう。
世の男性がほっとく訳がなく、当然ながら、毎日言い寄られ、声をかけられていた。
しかし、普通であればウザいと思うのが常だが、このイイ女は、いつでもHがしたい性で、何でもかんでも全て受け入れるとは言わないが、断る数が割と少なかった。
結婚・出産と順調!?・・に進み、忙しい日々を送っていたのだが、少し時間が出来始めた今日この頃、変化のない日常、退屈な毎日、””一日中家にいて、毎日同じことを繰り返すことはどんなに苦痛なことだろう。””と感じていた。
ここ数日は、とくにそんなことばかり考えるようになってしまっていた。
””この、退屈な日常を壊してくれる刺激的な出来事ないかなぁ””

なんとなく毎日見る、ワイドショー、たまに買ってくる女性週刊誌からは、人妻の乱れた性の情報がひっきりなしに入ってくる。
不倫、不倫、不倫。
夫は求めれば応じてくれる。
向こうからも求めてきてくれる。
でも、申し訳ないのだが、全く満足が出来ない。
変化のない生活に麻痺した体がもっと刺激を求めてくる。
それも、いけない刺激と言うかたちをとって。
そんなある日、ネットでAFでイクという体験談を見てしまい、その快感はとてつもないものだと信じて止まない。
不安はあるが、絶対に経験してみたい。
そしてとうとう、希望だけを持って、ドアを叩いたのだった。
こんなに整った美人にしては、かなり珍しく、とても人懐っこく、ニコニコニコニコしており、エッチな話にも悪びれず、積極的に応じてくれる。
「Hしたいんでしょ?」
会ったばかりなのだが、気軽にこんな事が言えるから有難くて仕方ない。
間髪入れずに、「はい!バレちゃいましたかぁ~私、もうしたかったです。」とキラキラ輝きながら笑顔で答えれるのだ。
「ひょっとして、もう、濡らしちゃってるんじゃないの?」
(フフんっ・・)
「確かめてくれませんかぁ?」
もう、これ以上ないほどに艶やかで色っぽい100点の答えをしてくれる。
キスするようにゆっくりと顔を近づけ、ジャケットを脱がす。
「んんんん...イジワルぅ~~。」
唇を尖らせてしまった事にちょっぴり恥ずかしがっている。
その言葉通り、意地悪くニヤリと笑ってやる。
キャミソールの上からそっと触れる。
「……はぁ」
スカートを捲り上げ、人差し指でパンストの筋に沿って上下させる。
「あん、ふぅ~~~ん。」
徐々に強く刺激をすると微妙に腰を引き揺らし、膝が曲がり始めた。
「お願い、キスしてぇ。」
一度、スルー。
「ねぇ、お願いぃ。キスしてぇ・・お願い。」
もちろんこれも無視をする。
「うぅぅん。ねぇ、イジワルしないでぇ。キスしてぇぇぇ。」
迷った(・・・早くしたいのは山々)が、それでも無視をすると、耐え切れなくなった奥さん自ら、ガバッと息も出来ないほどに口を塞がれ、気持ち良さそうに呻く。
お互いにボルテージが上がり、吸盤のように口を塞ぎながら、すでに完全に邪魔になってしまっている全ての物を立ったまま脱がし合う。
何も知らない会ったばかりの2人のはずだが、唇を離すと以心伝心、アイコンタクトでベッドに流れ込み、スムーズに69の態勢を取ると、長年連れ添っていてもこうはならないであろう同時に大事な部分に吸い付いた。
ゆっくりねっとり強く吸い付くフェラに快感を感じていたが、生暖かい色香を発しながら顔を出すかなり大きな大きなクリトリスに並々ならぬ興奮を覚えていた。
『はぁ....はぁ....ぁぁ....。』
呼吸さえも苦しいくらい無我夢中にクリトリスを嘗め回し、吸い尽くす。
「あっ、ぐっ、ぐぅぅっ、んにゃぁぁぁ~~~っ!」
体がくねり、腰が喜び、アソコはひくひくと卑屈な動きをしながら喜びを表現している。
「クリトリスが、美味しいっ!!奥さん....あんた最高だよ....。こんなの初めてかもしれないよ....。」
「あっ・・・・ぐぅぅ~~~っっ・・・!あっ、だめっ、イイっ! だめぇぇぇ~~~っ! イグよぉぉぉぉぉっ!!あ”・・・イ”く・・・っ!」
舌を精一杯に押し付け上下左右、舌がツリそうになるほど動かし続ける。
「はぁあぁぁぁ~~~~っ!クリ、クリ、クリト、クリトリスがぁぁ、溶けちゃぅぅ・・・っ! 無理、無理無理無理無理むりぃぃ、、私、イきます~~~っ! イく、イぐ、イぐぅ~~~~っ!!」
「あっ・・・~~~っっ・・・ダメだ!俺もっ、俺も・・・」
こんなに簡単にフェラでイクなんて考えられなかったが、卑猥なクリトリスとその反応に、突然、真っ暗な快楽の海に迷い込んでしまったようだった。

ぴーーーーーっ、ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぴっ・・・ドクン、ドク、ドクドクドクク。

2人共、どのくらいの間であっただろうビクとも動かなかった。
奥さんの力の抜けた重みに気付くと、目の前には、火にかけられたハマグリのようにパックリと大陰唇が開き、小陰唇や、まだプックリと勃起しているクリトリス…さらには、その内側の桜色の粘膜まで露わになっており、ヌルヌルしたエッチな粘液が垂れ流れている。
奥さんはまだ絶頂の余波に飲み込まれ、呼吸さえも苦しそうに背中でなんとか息をしている。
過酷だとは思ったが、このイヤラシイ姿を観察しているだけで、すでに再び勃起しているモノを腰をずらし、奥さんの口元を探しあてる。
69の態勢で確認が出来ないが、意識を失っているのか、咥えこまない。
赤く充血した陰裂を両方の手で左右に大きく拡げ、中指と薬指を蜜壺に指の根元まで差し込み、電マのスイッチを入れる。
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴっドゥゥゥウゥゥゥゥーーーーー・・・。
すぐに体が跳ね上がった。
「あっ・・・あ”っ・・・、うぁぁあぁ~~~んっひゃぁあぁあぁ~~~あああ~~~~~あああ~~~~~~っっ!!」
一瞬で、クリトリスがより堅く充血していき、感度がさらに増していく・・・。
「あぶっ・・・ふぐっ、ふぁっ、あっ! ああっ!! き~も~ち~いい~~~~っ!! クリトリスっ! すっごくっ! きもちいぃぃぃーーーーーーっっ!!!」
体幹が弛緩したかと思えば、またすぐに硬直を始め、快楽をため込んでいく。

「ああぁぁぁぁぁぁぁああぁぁあぁあっ!! あ~~~~~~っっ・・・・・・」

くちゃくちゃと指での刺激を強めていくと、蜜壺から大量の潮が溢れ出した。
電マのスイッチを止めた。
痙攣が止まらない。
膣の中を刺激をし続けた指を、今度は上に腕ごと持ち上げるようにして手のひら全体でアナルと膣を握り込むようにする。
良く見えるアナルがヒクヒクとイソギンチャクのように息をしている。
悦楽の声をあげながら溢れ出る淫水が止まらない。
潮がどばっと溢れる。
「あ”・・・もうだめぇぇぇ、また、イくっ! ・・・また、イく、イく、イく! いくいくいくいくイっっくうぅぅぅ~~~~~~~~っっ。あっっ!がぁぁっっ..,.!あがぁぁっっ...!!!」
大きく開いた脚をビクンビクンと2回ほど痙攣させ、それから何度も絶頂に達するのであった。
「はぁはぁはぁ…」
メスの香りをムンムンと充満させ、ぴくんっぴくんっとしながらも必至で呼吸している。
アナルの周りをゆっくりとゆっくりとナゾりながら、呼吸が整うのを待っていると、やがて耐えきれなくなった奥さんが、奴隷のように勢い良く肉棒にむしゃぶりつく。
「あむっ…んんっ…んちゅ…あむ…」
ビンビンの肉棒を大きく激しく首を振りしゃぶる。
「んんんっ…んっ…んんっ…んんん…ひぐぅ…あぅ…あぐぅぅ…あっ…んんっ…」
ヌルヌルの粘液を指に塗りたぐり、アナルに差し込む。
「ひいぃぃぃんっ…あっあっあっ…ごめんなさい…ごめんなさい…ぁぁぁ…ああんっ…い、い、入れて…いれ、入れて、く、だっ、さ、っっ・・・・」
この願望を叶える事はしなかったが、この後も萎えることを知らない肉棒がイイ女の証である事は言うまでもないであろう。
毎日Hがしたいと思えるのは、このイイ女以上にこっちの方だと確信した。
どなたか、計り知れない3児の母にAFの快感を優しく教え、体験させてあげてください。